職業用ミシンに変えてドール服が縫いやすくなった話

グッズ紹介

どうも、こんにちは。最近ほぼ機能していないTwitterアカウントの“てこ入れ”をし始めたryokoです。

それはさておき。今日は少し前に買い換えたミシンの話です。

憧れの職業用ミシン。前々から気になってはいたものの、ドール服の様な小さなものを縫うのに長い直線もなければ早く縫える必要もないし…そもそも使いこなせるのか?…という思いで手を出せずにおりました。ところが一度使ってみたところ縫いやすくて縫いやすくて。プロ機なので当然どんなものでも縫いやすいのですが、特にドール服を作るのにオススメな理由を中心にお伝えします。

スポンサーリンク

買い換えたミシンはこちら


直線縫い専用の職業用ミシンです。色々悩んだ結果こちらにしました。(理由は後述)

ドール服の制作に職業用ミシンが向いている理由

ミシンの中に布が入り込みにくい

家庭用ミシンはジグザグ縫いやボタンホールなど様々な縫い方ができるのが利点ですが、そのため縫う際に針がいろんな位置に落ちるので下の針板の穴が大きく開いています

一方、職業用ミシンは直線縫い専用のため針が落ちる場所が1カ所に定まっており、針板の穴が小さいのです。

どういうことかと言いますと。ドール服の ぬいしろは大体5mm幅とかで狭いので、家庭用ミシンの大きな針穴だと針と一緒に下の釜の中に布が入り込んでしまうのです。特にハリコシの無い生地だと布の角は高確率でぐちゃぐちゃになります。

それを防ぐにはコピー用紙を挟んで一緒に縫うといいよー…という話を過去記事でしていますが、後から紙を取り外す作業が地味に大変だったりします。ピリピリやぶくの楽しいですけどね。

ミシン変えてからはほとんどの場合紙を敷かなくてもスイスイ縫えるので効率が格段にアップしました。

パワーが段違い!厚物縫いもスイスイ

職業用は当然ながらパワフル!厚物を難なく縫えます。

以前使っていた家庭用ミシンも家庭用にしてはパワーが強く厚物が縫えるのが売りの機種でした。リアルなデニムやレザーのお洋服も作りたくてなんとか頑張って縫っておりましたが、さすがに布地が何重にも重なるウエスト部分などは布送りがうまくいかず。無理やり縫って針を折ることもしばしば…。とにかく厚い部分はかなり緊張しながら縫っていました。

初めて職業用で厚物を縫ったときにまず思ったこと…。「まるで綿100%のシーチングを塗っているかの様な感覚!」(笑)今まで緊張していたなはなんだったのか。もう笑いが止まりません。パワーが全てを解決してくれました。特別慎重に針を進める必要もなくなったのでさらに作業効率がアップ。

抑え圧調整機能のおかげで難しい素材も美しく

リアルなドール服を縫うには実際のお洋服でも使われる様な薄手のジョーゼット素材やニットも扱いたいですよね。ただこれらの素材を縫うのは結構難しいです。

家庭用ミシンでは抑え圧の調整が効かずシワが寄ったり布が伸びて波打ったりしました。素材に合った適切な抑え圧に調節することで布地を安定させてスムーズに送ることができ、美しい縫い目が仕上がります。

その他の魅力

自動糸切り機能

ドール服を縫うときだけに限ったことではありませんが、どうしてもこの利点はお伝えしたくて。とにかくこれが便利!縫い終わりにボタンひとつでジョキンと糸が切れます。

仕上げの際にはハサミを使ってギリギリのところで切る必要はありますが、縫う→抑えを上げて布をミシンから離し、糸を引き出す→ハサミを持つ→糸を切るという工程がなくなります。

ちょっとのことですが積み重なると時間のロスにつながりますもんね。限られた時間の中で縫ったり、たくさん数をつくる場合には作業効率を上げることは重要だなと実感しています。糸の節約にもつながりますしね。

購入に至った決め手

案外安い!?価格が予算内だった

職業用ミシンって十数万円するイメージだったんです。家庭用も壊れたわけではなく普通に使えるので、あんまり高いのはちょっと…と思っていましたが、ちゃんとした職業用を6万円程度〜購入できると知り驚きました。定価では16万円と書かれているのですが。家庭用ミシンでも凝った刺繍できるような多機能なものだと4〜5万円しますしね。きちんと手入れして長く使いたいと思い購入を決めました。

家庭用ミシンに近い使い勝手

HA×1針と呼ばれる家庭用ミシン針を使える機種を選びました。DB×1針という工業用ミシン針は頑丈さが魅力ではあるものの、軸も円柱状になっており取り付けが難しいようです。家庭用ミシン針なら取り付け部分が平らになっているので迷わず安心。また工業用針専用の機種ではできない自動糸通し機能も魅力の一つ。下糸を引き出さずに縫い始められる点もいいですね。

誰でも便利に使える様に作られた家庭用ミシンの良い部分を採用している機種ならまだまだ上級者には程遠い私でも乗り換えがスムーズかなと思い選びました。

実際使ってみても、職業用だから難しい…ということはこれといってありません。糸の掛け方ガイドがミシン本体に書かれていないので慣れが必要かもしれませんが、もちろん説明書には細かく丁寧に書かれているので簡単です。あと糸調子の調整も始めは慣れが必要ですが問題ありませんでした。

私は楽天のミシン専門店で購入しましたので、お店独自のトラブルシューティングの説明書が付いており大変助けられました。価格も大事ですが、電話やメールでのアフターフォローや保証がしっかりとしたお店を選ぶと安心です。

特殊素材を縫いやすい設計

職業用ミシンを買おう!と決めてから最終的にブラザーのNouvelle470(ヌーベル470)と、JUKIのシュプール30デラックス(TL-30DX)の二つで迷いました。

最後の決め手となったのは、ブラザー独自の下送り歯高さ調節機能。縫いずれが起きやすいベルベットやジョーゼットなどの柔らかい素材も縫いやすくなる機能です。

人形用サイズですが洋服縫いメインの私にとっては薄物縫いに特化した機能は魅力でした。厚物縫いがメインならパワフルなJUKIが良いようです。

まとめ

また使ううちに新たな発見があれば追記しようと思います。以上、職業用ミシンのお話でした。

▼ ランキング参加中!応援お願いします ▼
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事を書いた人
ryoko

0・3歳児の母。リカ活初心者(2020.2〜)。リカちゃんのリアルクローズを作って遊んでます。制作活動のレポート等、のんびり更新します。オンラインショップ【mimi décor(ミミ デコ)】でお洋服販売中。
詳しいプロフィールはこちら

ryokoをフォローする
スポンサーリンク
グッズ紹介 リカ活日誌
舞台裏のインスタリカちゃん
タイトルとURLをコピーしました