お湯パなしでまとまる!ショートボブリカちゃんの作り方【ヘアカットのコツ】

ryoko

どうも、ryokoです。

今日は元々ショートヘアの子をプチアレンジしていく工程をお見せします!

目次

ショートボブのリカちゃん

顔まわりをふんわり包み込むような毛流れがナチュラル。いろんなお洋服を着こなすのでとても写真を撮りやすい子です。

ヘアカット前の姿がこちら

元はお人形教室スペシャルリカちゃん(ハーフアップ)の子です。清楚で上品なイメージ。

ryoko

ゴムを外して整えたらリアクロが似合うおしゃれな髪型になるのでは?

と思い、初めからヘアカットする想定でお迎えしました。

後ろはこんな感じできっちり結われています。

早速ゴムを外してみました

すでに顔まわりの毛流れがふんわりとおしゃれな雰囲気です。

くくっていた部分の毛がものすごく長いので、これを整えていきます。

切っていきます

お人形教室に付属のブラシを使って毛流れをととのえながら、襟足の短い部分と馴染むように長い部分を切ります。

ある程度切りました。ここからもう少し襟足も短くし、最後に毛先がピシッと揃うように真っ直ぐ切り揃えていきます。

細かい毛先のカットにおすすめのよく切れる小さなハサミ。こちらの記事でも紹介しました。

完成

毛先がクルンと内側に巻いたおしゃれなショートボブが完成!

ハーフアップの清楚なお嬢さんから、大人っぽい美女へ変身!

元々後ろで括られていたクセが残っているおかげで、お湯パーマ無しでも毛先が広がらず綺麗にまとまっています。

ロングからショートにするのは毛量も多くなかなか大変ですが、元からショートからのヘアカットなので、ほんの少しヘアアレンジするような感覚で試せてハードルが低く、気軽にイメチェンできました!

まとまりのいいボブのリカちゃんをお求めの方。リカちゃんキャッスルの催事でハーフアップの子を見つけたらぜひお試しください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ryokoのアバター ryoko ドール服作家

2・5歳児の母。リカ活初心者(2020.2〜)。リカちゃんのリアルクローズを作って遊んでます。制作活動のレポート等、のんびり更新します。
オンラインショップ【mimi décor(ミミ デコ)】でお洋服販売中。
詳しいプロフィールはこちら

目次